偉人

勝海舟

勝海舟(かつかいしゅう)は、幕末に活躍した江戸幕府の旗本(直臣)で、江戸城の無血開城に大きく貢献した偉人で、勝麟太郎とも呼びます。
蘭学や兵学を学ぶと、長崎海軍伝習所に入りましたが、生粋の江戸っ子で、話し方もサバサバしていたと言います。
1860年には、咸臨丸(かいりんまる)を指揮して、アメリカ・サンフランシスコまで太平洋を横断し、見聞も広めました。
幕府の海軍創設のため、神戸海軍操練所を設立すると、坂本龍馬など諸藩の志士を船乗りへと教育しました。
その後、幕府の軍艦奉行となり、鳥羽伏見の戦いでは、大阪湾に艦隊を率いて幕軍を支援しています。
その後、新政府軍が江戸城に迫ると、陸軍総裁として西郷隆盛と会談し、江戸城無血開城を実現しました。
明治政府では、旧幕臣としては異例で海軍大輔、参議兼海軍卿などを歴任しますが、いずれもすぐに辞めては、また乞われて就任するなど定着はしておらず、台湾出兵の際には反対して以後は、西郷隆盛の復権に尽力しています。
明治政府の欧米化や、日清戦争にも異議を唱え、足尾鉱山の鉱毒事件では、田中正造を支援しました。

勝海舟は、明治32年、お風呂上りに脳溢血で倒れて死去しました。享年75。
墓所は洗足軒(せんぞくけん)があった東京都大田区洗足池畔になります。

大のイヌ嫌いであったと言う勝海舟の名言としては下記のようなものがあります。

自分の価値は自分で決めることさ。
つらくて貧乏でも、自分で自分を殺すことだけは、しちゃいけねぇよ。

大河ドラマ・映画などで勝海舟を演じた俳優さん

※敬称略・順不同

渡哲也→松方弘樹「勝海舟」(1974年、NHK大河ドラマ)
田村正和→田村亮「勝海舟」(1990年、日本テレビ年末時代劇スペシャル)
野田秀樹『新選組!』(2004年、NHK大河ドラマ)
北大路欣也『篤姫』(2008年、NHK大河ドラマ)
小日向文世『JIN-仁- 』(2009年~2011年、TBS日曜劇場ドラマ)
武田鉄矢「龍馬伝」(2010年、NHK大河ドラマ)
生瀬勝久「八重の桜」(2013年、NHK大河ドラマ)
遠藤憲一「西郷どん」(2018年、MHK大河ドラマ)

※他にもありましたら、コメント欄よりのお寄せ願えますと幸いです。

(参考)

5分でわかる勝海舟のすごさ 幕臣・勝海舟の生涯の解説

関連記事

  1. 西郷隆盛(西郷吉之助)
  2. 大山格之助(大山綱良)
  3. 篤姫(天璋院)
  4. 山岡鉄舟(山岡鉄太郎)
  5. 岩倉具視
  6. 山極勝三郎
  7. 大隈重信
  8. 木戸孝允(桂小五郎)

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

カテゴリー

にほんブログ村 歴史ブログ 偉人・歴史上の人物へ

PAGE TOP