女性

静御前

静御前(しずか-ごぜん)は、鎌倉時代初期の女性で、白拍子(しらびょうし)とされます。
白拍子と言うのは、歌いながら踊る芸子のことで、貴族などの屋敷に出向いては、舞を披露したりしていました。
静御前の母とされる磯禅師(いそのぜんじ)も白拍子だったとされます。
源義経が平家打倒で京にのぼると、静は源義経に愛されて妾(めかけ)になりました。
義経が京都堀川第(ほりかわだい)の屋敷にて、兄・頼朝の刺客・土佐房昌俊(とさぼうしょうしゅん)に襲われたとき、義経を助けたとされています。
その後、行動を共にしており、源義経が吉野に逃れた際にも同行しています。
そして、京に戻る際に従者に裏切られて持ち物を奪われ、吉野山衆徒(山僧)に捕まると、京にいた北条時政によって、1186年、妊娠していた静御前と母・磯禅師は鎌倉に送られました。
鎌倉の常岡八幡宮では、将軍・源頼朝の前で、白拍子の舞を披露しています。
しかし「しづやしづしづのをだまきくりかへし昔を今になすよしもがな」と、源義経を慕う内容であったことから、源頼朝は激高し、その後、生まれた静御前の子供は、由比ヶ浜にて海に沈められ殺害されています。
その後、2人は許されましたが、消息は不明で、源義経を追って東北に向かい、その途中にて息絶えたとも言われています。

源義経とは
源義経とは~腰越状と腰越の満福寺や首塚・白旗神社や平泉義経堂も
弁慶とは~武蔵坊弁慶の逸話や最後の地となった衣川の戦いと弁慶の墓など

関連記事

  1. 菊姫 (武田信玄の娘、上杉景勝の正室)
  2. 妙玖 (毛利元就の正室)
  3. 油川夫人
  4. 卑弥呼
  5. 綾御前(仙桃院)
  6. 明智煕子(妻木煕子)

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

カテゴリー

にほんブログ村 歴史ブログ 偉人・歴史上の人物へ

PAGE TOP