女性

卑弥呼

卑弥呼(ひみこ)は、魏志倭人伝(ぎし-わじんでん)の中に記載されている倭国の女王の名前です。
邪馬台国に都を置いて30余国を統治し、西暦239年に魏の明帝に朝貢すると、親魏倭王の称号と金印とを受けたとされます。
鬼道(呪術(じゅじゅつ))にすぐれ、夫はなく弟が政治を補佐し、180年代の初めごろ王位についたとあります。
なお、247年、狗奴(くな)国との戦乱のなかで、死去したらしいと言う事になります。
今の日本では一般的に「ひみこ」と呼びますが、記録として記載されているのは漢字の卑弥呼と言う3文字です。
もしかしたら、違う呼び方があった可能性もあり、当時の正確な発音は不明と言えます。
なお、卑弥呼に関しては諸説ありますので、ここでは一般的なことのみ記載させて頂いておりますこと、ご容赦願います。

大河ドラマ・映画などで卑弥呼を演じた俳優さん

情報を募集致しております。
コメント欄よりのお寄せ願えますと幸いです。

※敬称略

邪馬台国と卑弥呼とは~天照大神との関連性と卑弥呼の可能性

関連記事

  1. 明智煕子(妻木煕子)
  2. 綾御前(仙桃院)
  3. 油川夫人
  4. 菊姫 (武田信玄の娘、上杉景勝の正室)
  5. 妙玖 (毛利元就の正室)
  6. 静御前

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

カテゴリー

にほんブログ村 歴史ブログ 偉人・歴史上の人物へ

PAGE TOP