武将

木曽義仲(源義仲)

木曾義仲(きそ-よしなか)は、源義賢の次男として1154年に生まれました。
父の兄・源義朝(源頼朝の父)が京から下って関東の豪族を従えて勢力を付けると父・源義賢は1153年、北関東に入って上野国の多胡館に入りました。
そして、武蔵の最大勢力である大蔵館主・秩父重隆と秩父重弘の親子と結び、大蔵館を本拠として、秩父重隆の娘を妻にしています。
木曽義仲の母である小枝御前(さえごぜん)は、遊女だったなど諸説あり、正直よくわかりませんが、秩父重隆の娘である可能性も高く、1154年に現在の鎌形八幡神社にて生まれたとされます。
下記は木曽義仲の産湯(湧水)です。

木曽義仲の産湯

なお、木曽義仲は、源義賢の子ですので、正式な名前は、源義仲(みなもと-の-よしなか)と言います。

しかし、秩父重隆の兄・畠山重能は、弟が本家の家督を継いだことに不満を抱いており、鎌倉に入っていた源義朝・源義平の親子と結び、1155年8月、大蔵館を襲撃します。
この大蔵合戦にて、秩父重隆と源義賢は討死し、まだ2歳だった駒王丸(木曽義仲)は、畠山重能の計らいで逃がされ、斎藤実盛が駒王丸の乳母夫である信濃の中原兼遠のもとへ連れて行きました。
この駒王丸は木曽谷にて成長すると通称を木曾次郎と名乗り、治承・寿永の乱において平家や源頼朝と戦うことになります。

1180年、後白河天皇の第三皇子・以仁王(もちひとおう)が、平家打倒を命じる令旨(りようじ)を発すると、木曽義仲は挙兵し、一度、多胡館に入ると信濃・依田城に籠ります。
そして、1181年、越後から討伐にきた城助職を横田河原の戦いで勝利し、北陸へと転進しました。
1183年には、平維盛ら10万の大軍を倶利伽羅峠の戦いで破り、篠原の戦いでも大勝すると、今井兼平、樋口兼光、根井行親、楯親忠らを従えた木曽義仲軍は、沿道の勢力を加えて更に軍勢を増やし京を目指します。
そして、後白河法皇が京に戻された翌日に、木曽義仲も入京を果たし朝日将軍(旭将軍)とよばれると、改めて平家討伐を命じられました。
また、京都の警備も木曽義仲が担当しましたが、飢餓もあり京は荒れていて略奪も横行し、治安回復には失敗したため、後白河法皇が呼び出しています。
配下に勇武の部将はたくさんいましたが、政治に優れた者がいなかったのです。

信頼回復を狙った木曽義仲は、西国へと平家討伐に向かいますが、水島の戦いにて有力武将の矢田義清が討死するなど戦果が上がりませんでした。
そんな中、仲が悪かった源頼朝の弟・源義経が、鎌倉から数万の大軍を率いて京にのぼってきます。
後白河法皇は、源義経ら源頼朝の鎌倉勢を頼りにすることへ方針転換したため、追い詰められた木曽義仲は、後白河法皇捕らえて幽閉しています。
こうして、1184年、宇治川の戦いなどで源範頼・源義経と戦いますが、すでに人望を失っていた木曽義仲の軍勢は脱落者が多く僅かで敗戦となります。
木曽義仲は、北陸へ逃れようとしましたが、粟津の戦いにて数騎にまで討ち減らされ、最後は顔面に矢を受けて討死しました。享年31。
この時、恩田重巴を討ち取るなど巴御前の奮戦は有名で、のち尼となり、越後・福光城近くの友松に住んだと言います。

巴御前とは
源義賢 埼玉にある源氏三代供養塔と木曽義仲の父の墓
斎藤実盛とは~木曽義仲もその死を悲しみ「武士の鑑」とされる武将
畠山重忠 武蔵最大勢力として忠義を貫いた武士の鑑
木曽義仲産湯の清水 鎌形八幡神社 小枝御前と山吹御前も

関連記事

  1. 武田勝頼
  2. 岩城貞隆
  3. 小野寺十内 小野寺十内(小野寺秀和) 赤穂浪士
  4. 巴御前
  5. 雑賀孫市(鈴木孫一) 鈴木重秀・鈴木重朝
  6. 足利義満
  7. 武田信勝
  8. 徳川家康

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

カテゴリー

にほんブログ村 歴史ブログ 偉人・歴史上の人物へ

PAGE TOP