武将

源義経

源義経(みなもと-の-よしつね)は、平安時代末期の武将で、鎌倉幕府の初代将軍になった源頼朝の弟になります。
ただし、源義経は9男(九郎義経)で、母は側室・常盤御前でした。
幼いころは牛若丸(うしわかまる)と呼ばれ、父・源義朝が謀反人となり討死すると、母と逃亡しました。
牛若丸が11歳のころ母が再婚すると、京都・鞍馬寺に預けられて、遮那王(しゃなおう)と称されています。
しかし、鞍馬寺を出ると、弁慶と知り合い、東北に向かって、平泉の藤原秀衡を頼っています。
1180年、兄・源頼朝が伊豆・韮山にて挙兵すると、源頼朝は佐藤継信・佐藤忠信らと鎌倉に馳せ参じました。
そして、源頼朝が富士川の戦いで勝利したところに合流し、黄瀬川の陣にて涙の対面となっています。
源頼朝は鎌倉に戻って政務をとり、源義経と源範頼が平氏討伐の鎌倉軍を率いて、京に向かいました。
後白河法皇を幽閉した木曽義仲を、宇治川の戦いで敗走させ、一ノ谷の戦いでは平氏本陣を急襲し大勝利を治めます。
屋島の戦いでも平家を追い込み、壇ノ浦の戦いにて平氏を滅ぼしました。
平宗盛・平清宗の父子を護送し京都に凱旋すると、兄・源頼朝の許可を得ずに、朝廷から院御厩司の官位を、平氏の捕虜である平時忠の娘・蕨姫を娶ったことなどを咎められます。
源義経は、弁明に向かいしますが、鎌倉に入ることを許されず、江ノ島近くの満福寺にて、腰越状を大江広元に託します。
こうして、源義経は、兄・源頼朝から討伐を受ける事となり、源義経は郎党や愛妾・静御前を連れて吉野に身を隠しました。
京にもいられなくなった、源義経は、再び藤原秀衡を頼って奥州平泉に身を寄せました。
1189年、藤原秀衡が死去すると、後を継いだ藤原泰衡は源頼朝の圧力に屈し、衣川館を襲撃(衣川の戦い)して、源義経らを討ち取りました。享年31。
源義経の首は、鎌倉に送られて、藤沢の白旗神社に葬られています。

源義経とは~腰越状と腰越の満福寺や首塚・白旗神社や平泉義経堂も
弁慶とは~武蔵坊弁慶の逸話や最後の地となった衣川の戦いと弁慶の墓など
静御前とは
藤原泰衡とは~斜陽の平泉政権に殉じた4代目~
藤原秀衡とは~平泉政権の黄金期を築いた三代目~
四天王寺と源義経の鎧掛け松~聖徳太子が建立した寺院
鞍馬寺~鞍馬天狗や牛若丸(遮那王、源義経)伝説の幻想的な京都北方守護
判官びいき もともと悲運の武将に同情する意味だった
唐川城と安東盛季の逃避行~十三湖の展望と源義経伝説も

関連記事

  1. 小野寺輝道(小野寺景道)
  2. 徳川家康
  3. 武田信勝
  4. 豊臣秀吉
  5. 小場義成
  6. 小野寺十内 小野寺十内(小野寺秀和) 赤穂浪士
  7. 雑賀孫市(鈴木孫一) 鈴木重秀・鈴木重朝
  8. 巴御前

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

カテゴリー

にほんブログ村 歴史ブログ 偉人・歴史上の人物へ

PAGE TOP