武将

安東舜季

安東舜季

安東舜季(あんどう-きよすえ)は、下国安東氏である檜山城主・安東尋季の子として1514年に生まれました。
この頃の下国安東家は蝦夷地(北海道)も支配しており、アイヌ民族が蜂起したショヤコウジ兄弟の戦いなどで、松前大館が陥落するなどしましたが、蝦夷地を訪れる商船から税を取るなどして潤っていたようです。
湊安東氏(上国安東氏)である安東定季(安東堯季)の娘と婚姻し、両家の融和を図り、1539年には安東愛季が誕生しています。

わかりやすく今一度記載しておきますと、下国家(しものくに)が檜山安東氏で、上国家(かみのくに)が湊安東氏となります。

1547年に父が死去して家督を継いだ安東舜季は、まず、1550年に蝦夷地に渡りました。
そして、松前大館蠣崎季広と、知内のチコモタインなどアイヌとを和睦させ、アイヌとの交易の手順もマニュアル化しました。
こうして、檜山安東家による蝦夷支配体制を確立しています。

1551年、正室の父である上国安東氏の安東堯季が死去すると、3男・安東茂季を湊安東氏10代当主に据え、事実上、安東氏を統一しました。
1553年、安東舜季は死去しました。

徳山館・大舘~蠣崎光広(蠣崎光廣)と蠣崎季広
茂別館と安東家政とは 道南十二館のひとつ
蝦夷の志苔館と小林良景 コシャマインの戦い
安東愛季 安東氏を大きく飛躍させた戦国大名
檜山城 広大な檜山安東氏城館跡 紅葉の様子も

関連記事

  1. 徳川家康
  2. 和田惟政
  3. 京極高知
  4. 青木一重
  5. 佐竹義久
  6. 谷性寺 溝尾茂朝 明智光秀を介錯した家臣と谷性寺の首塚
  7. 水戸黄門(徳川光圀) 水戸黄門(徳川光圀)
  8. 岩城貞隆

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

カテゴリー

にほんブログ村 歴史ブログ 偉人・歴史上の人物へ

PAGE TOP